人に優しく 和をもって、優れた医療介護を地域に提供します
医療法人社団明日佳 理事長 磯山 徹

埼玉あすか松伏病院 基本理念
人に優しく
和をもって、優れた医療介護を
地域に提供します

埼玉あすか松伏病院 基本方針
1.地域の人々に、安心・安全な医療・介護を提供します。
2.医療・介護水準の向上を目指して、常に研鑽をこころがけ、優れた医療・介護を提供します。
3.職員は、お互いを尊重しかつ連絡を密にし、和の精神でチーム医療・介護に取り組みます。
4.緊急時や災害時に、地域の住民のために尽くします。
5.「患者の権利と責務」を遵守し、信頼される医療・介護を提供します。
6.地域の医療・介護施設と連携し、機能分担を行います。

埼玉あすか松伏病院は、昭和57年に野村外科胃腸科病院として創立されましたが、平成25年度より明日佳グループの一員に加わり、介護老人施設あすかHOUSE松伏とともに医療法人社団明日佳として新たな歩みを始めました。
しかしながら、施設の老朽化が進み、震災等の災害時に建物の損傷も懸念されるようになりましたので、創設の土地から離れた場所に建物を新築し、平成30年11月1日に移転いたしました。

病院の場所は変わりましたが、「人に優しく 和をもって、優れた医療・介護を 地域に提供します」という基本方針は変わりません。ますます、全職員は一致団結して地域の医療に取り組んでおります。

埼玉あすか松伏病院では、受診される患者様にたいしては、専門を問わず診察するという基本方針で総合診療を行うことを目標としております。そのうえでさらに専門的な医療が必要であれば、速やかにしかるべき専門医にご紹介いたします。また、高齢の患者様への慢性期医療や介護を積極的に行っております。

消化器系を中心とした内科や外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科、脳外科、皮膚科の専門医が診察を行っており、胃や大腸の内視鏡検査・超音波検査(腹部や心臓)・CT検査・動脈硬化検査・糖尿病検査等を行っております。また消化器系の手術も行っております。

通院困難な患者様については、ご希望に応じて訪問診療を行っております。
入院や訪問診療をご希望になられる患者様は、医療福祉相談室(ソーシャルワーカー)に、ご相談ください。

リハビリテーション部門では、入院患者ならびに外来での通院や訪問リハビリテーションを行っております。
健診センターでは、予防医療の一環として健診を行っております。

介護老人保健施設あすかHOUSE 松伏では、介護を要する方々のお世話やリハビリを行い、ご自宅でまた過ごせることを目標としております。埼玉あすか松伏病院と連携し、入所された方々の医療管理も行っております。また、ショートステイや通所リハビリテーションも行っております。ご希望の方はご相談ください。

居宅介護支援事業所 介護センターふるさと ならびに 松伏町地域包括支援センターでは、介護に関する種々のご相談に応じております。
これからも、医師・看護師・介護士・薬剤師・理学療法士・検査技師・放射線技師・事務職員など一丸となり、松伏町や埼玉県東部地域を中心とした地域の皆様のお役に立ちたいと念願しております。

医療法人社団明日佳 理事長 磯山 徹



HOMEトピックス理事長挨拶沿革医師紹介施設概要外来案内リハビリ訪問リハビリ
肛門の病気入院案内入院でお困りの方へ手術看護部提携医療施設医療福祉相談室求人交通スライドショー
医療法人社団明日佳埼玉あすか松伏病院健診センター介護老人保健施設あすかHOUSE松伏

医療法人社団明日佳 埼玉あすか松伏病院
〒343-0111 埼玉県北葛飾郡松伏町松伏1263番地5
TEL:048-992-0411
Copyright(c)SAITAMA ASUKA MATSUBUSHI HOSPITAL All Right Reserved.
運営についての重要事項に関する規程の概要(健診機関)・健診機関情報
個人情報保護について
患者さんの権利と責務
NCD(National Clinical Database)について